遠隔医療の推進に全力

公明新聞:2016年1月17日(日)付

講演する秋野氏=16日 都内講演する秋野氏=16日 都内

秋野氏 ATSのセミナーで講演

公明党の秋野公造参院議員は16日、都内で遠隔画像診断サービス連合会(ATS、石垣武男理事長)が開いたセミナーに出席し、「遠隔医療の推進に向けた立法府からの取り組み」をテーマに講演した。

秋野氏は席上、政府が昨年6月に決定した「骨太の方針」(経済財政運営と改革の基本方針)に、公明党の主張で「医療資源を効果的・効率的に活用するための遠隔医療の推進」が初めて盛り込まれたと報告。患者の負担軽減や医療費削減、重症化予防、社会的ニーズの多様化といった観点から、遠隔医療を進める重要性を強調した。

さらに、公明党が日本消化器内視鏡学会や専門家と連携し、胃がんの原因となるピロリ菌の除菌について慢性胃炎への保険適用を実現させた例などを紹介し、「遠隔医療の活用に向けた努力を皆さまと共に進めたい」と訴えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読