月刊「公明」2月号 好評発売中

公明新聞:2016年1月14日(木)付

月刊「公明」2月号月刊「公明」2月号

特集「参院選勝利で日本の政治を前に」
山口代表 景気回復で社会全体の好循環を

公明党の理論誌、月刊「公明」2月号が好評発売中です。

今年最大の政治決戦である参院選を夏に控え、今号では「参院選勝利で日本の政治を前に」との特集を組みました。巻頭のインタビューで山口那津男代表は、「今、国民が最も望むものは、さらなる景気回復と生活環境の改善だ」と指摘。それに向けた政策実現を可能にする安定政権をつくるため、参院選に何としても勝利すると訴えています。

また、日本大学大学院の岩渕美克教授は「安倍内閣の諸政策は、かなり右寄りと思われているが、実際には中道保守といった内容になっている」と指摘。公明党が「自然調和的に抑制効果を働かせている」と述べ、その役割に期待を寄せています。「高齢社会をよくする女性の会」の樋口恵子理事長は、若い女性の流出率が高い自治体は女性議員の比率が低いと指摘し、女性議員のさらなる輩出へ、公明党のリーダーシップを期待しています。

今号では、日本総研国際戦略研究所の田中均理事長がアジア外交の展望を論じているほか、「冷戦終焉から25年の国際秩序観」と題する第2特集も掲載。識者によるロシア、アメリカ、中国に関する論考も見逃せません。

定価308円(税込み)。購読申し込みは「公明出版サービス」(https://komeiss.jp)、電話での申し込み・問い合わせ(平日の午前9時から午後5時まで)は(0120-959-947)まで。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読