軽減税率は世界で定着

公明新聞:2016年1月14日(木)付

質問する濱村氏=13日 衆院予算委質問する濱村氏=13日 衆院予算委

痛税感緩和、消費下支え
財源確保で首相が明言「社会保障は削らず」
衆院予算委で濱村氏

所得が低いほど恩恵及ぶ

衆院予算委員会は13日、安倍晋三首相らが出席して「経済・外交など」に関する集中審議を行い、公明党から濱村進氏が、2017年4月からの消費税率10%への引き上げに伴い、飲食料品全般(酒類・外食を除く)の税率を8%に抑える軽減税率について質問した。

冒頭、濱村氏は、消費税(付加価値税)の軽減税率が欧州連合(EU)加盟全28カ国をはじめ世界各国で導入され定着していることを挙げ、「軽減税率は世界的に広く採用されている制度だ」と指摘。日本経済がデフレ脱却の目前まで回復してきている現状を踏まえ、日本でも軽減税率を導入することで、消費を下支えし景気の後退を防ぐ必要性を力説した。

消費支出に占める食料品(酒類・外食を除く)の割合その上で、軽減税率による負担軽減額の家計に占める割合が低所得世帯ほど大きくなり、恩恵が及ぶことを示し、「軽減税率の導入は、特に収入が少ない人々への痛税感の緩和につながり心理的な効果が高い。消費意欲を削がない効果がある」と主張した。

これに対し安倍首相は「ご指摘の通りだ」と述べるとともに、消費支出に占める飲食料品(酒類・外食を除く)の割合が、年収200万円未満の世帯で同1500万円以上の世帯の2倍以上に上る【グラフ参照】とし、「所得の低い人の方が負担軽減の度合いが大きくなり、消費税の(負担感が低所得者ほど重くなる)逆進性の緩和につながる」との認識を示した。

また濱村氏は、軽減税率導入で社会保障費が削られるかのような論調に対し「まったくの事実誤認だ」と指摘し、見解を聞いた。

安倍首相は、軽減税率導入で想定される減収分1兆円の財源をしっかり確保し「必要な社会保障費を削っていくことはない」と明言。「社会保障と税の一体改革」で決定している社会保障の充実分2.8兆円を「削減することはない」と重ねて強調した。

さらに濱村氏は、軽減税率導入に伴う事業者の事務負担を軽減する必要性を主張。21年度から「インボイス(適格請求書)制度」が実施されることに関しては、同様の方式を導入する諸外国の例を参考に、IT(情報技術)などを積極的に活用し事務負担を軽減するよう訴えた。

林幹雄経済産業相は「商品管理や受発注、経理などの事務でITシステムを活用し、効率化していく工夫を講じることは重要だ」と応じた。

補正予算案 衆院委可決

衆院予算委員会は13日、「1億総活躍社会」実現への緊急対策やTPP(環太平洋連携協定)関連の対策を盛り込んだ、3.3兆円規模の2015年度補正予算案の採決を行い、自民、公明の与党両党の賛成多数で可決した。14日の衆院本会議でも可決され、参院に送付される見通し。委員会採決に先立ち、公明党の吉田宣弘氏が賛成討論を行った。

補正予算案には、待機児童解消に向けて保育サービスの受け皿を新たに50万人分まで増やすほか、ひとり親家庭の自立支援、不妊治療の助成拡充などの予算が盛り込まれた。介護分野では、約10万人分の在宅・施設サービスの整備を支援する。

また、総合的なTPP対策や地方創生に向けた交付金の創設、東日本大震災の復興加速化、学校施設の耐震化・老朽化対策などの予算も確保した。

財源については、税収増や前年度剰余金で賄い、その上で新規国債発行額を約4400億円減額し、経済再生と財政健全化の両方を進める内容となった。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読