安定政権で国民に安心

公明新聞:2016年1月13日(水)付

党兵庫県本部の年賀会であいさつする山口代表=12日 神戸市党兵庫県本部の年賀会であいさつする山口代表=12日 神戸市

山口代表が参院選勝利へ力説
兵庫年賀会で

公明党の山口那津男代表は12日、神戸市内で開かれた党兵庫県本部(赤羽一嘉代表=衆院議員)の新春年賀会に北側一雄副代表、伊藤たかえ女性局次長(参院選予定候補=兵庫選挙区)と共に出席した。

山口代表は、今月17日で阪神・淡路大震災から21年を迎えることに触れ、「当時は、自社さ政権で初動対応が遅れた。その教訓の一つは、政治が安定し機敏に動けることが国民の安心につながるということだ。自公連立政権が安定することが重要だ」と強調。今夏の参院選で兵庫選挙区に挑む伊藤さんへの支援を呼び掛けた。

北側副代表は、「経済再生や社会保障の安定、平和外交に一致団結して働いていく」と述べた。

伊藤さんは「地場産業や観光の振興に向けて、兵庫の多様な魅力の発信に全力で取り組みたい」と決意を語った。

これには、中野洋昌、濱村進の両党県副代表(ともに衆院議員)のほか、井戸敏三県知事、久元喜造神戸市長、自民党の国会議員ら来賓が参加した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読