国民目線で政治を前へ

公明新聞:2016年1月12日(火)付

党福井県本部の年賀会であいさつする漆原氏=11日 福井市党福井県本部の年賀会であいさつする漆原氏=11日 福井市

北陸新幹線の延伸 ルート決定めざす
福井の年賀会で漆原氏

公明党の漆原良夫中央幹事会会長は11日、福井市内で開かれた党福井県本部(西本恵一代表=県議)の新春年賀会に出席し、公明党への支援を訴えた。

これには山本香苗、石川ひろたか(参院選予定候補=大阪選挙区)、杉久武の各参院議員、浮島智子衆院議員、熊野せいし党国際局次長(同=比例区)、伊藤たかえ党女性局次長(同=兵庫選挙区)をはじめ、山崎正昭参院議長、西川一誠知事ら多数の来賓が参加した。

漆原氏は、公明党が主張してきた消費税の軽減税率の対象が加工食品まで含まれたことについて、安倍晋三首相が「民意を的確にくみ取った最善の結果」と指摘した点に言及。「今後も庶民感覚、国民目線で政治を前に進めていきたい」と訴えた。福井県敦賀市まで延伸工事が進んでいる北陸新幹線については、「今年は敦賀以西のルートを決める年にしたい」と語った。

山本さんは、映画「杉原千畝」などを紹介しながら、「自らの身を顧みず人に尽くす生き方を公明党は貫いていく」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読