景気経済に高い関心

公明新聞:2016年1月11日(月)付

新成人に政治意識調査を行う真山氏(右端)=10日 盛岡市新成人に政治意識調査を行う真山氏(右端)=10日 盛岡市

新成人に政治意識調査
党岩手県本部
盛岡市で真山氏ら

公明党岩手県本部青年局(池野直友局長=盛岡市議)は10日、盛岡市の成人式に訪れた若者を対象に政治意識調査を行った。

これには、党青年委員会の真山祐一副委員長(衆院議員)が青年党員と共に参加した。

1995年からスタートした同調査は今年で22回目。若者の政治参加の関心度や政治に求めるテーマなどの問いに、100人超の新成人が答えた。

政治への期待で最も多かった回答は「景気経済」。大学に通い社会福祉士をめざす女性は、「やはり就職が不安。景気を良くしてほしいとの思いが一番強い」と語っていた。

真山氏は「新しい岩手、東北をつくっていくために若者の政治参加は欠かせない」として、青年世代の視点で政策を実現していく重要性を指摘した。

これに先立ち、党岩手県本部(小野寺好代表=県議)は、同市で成人の日記念街頭演説を行った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読