若者相談窓口が開設

公明新聞:2016年1月7日(木)付

開設された若者相談窓口で、沖縄市教育委員会の狩俣智教育長と懇談する公明市議開設された若者相談窓口で、沖縄市教育委員会の狩俣智教育長(左端)と懇談する公明市議

問題解決へ支援機関につなぐ
沖縄市

沖縄市は先ごろ、自立した社会生活が困難になっている若者を支援するため、同市上地3丁目にある市青少年センター(比嘉健一所長)内に「若者相談窓口」を設置した。開設式には、市議会公明党の与那嶺克枝、阿多利修、高橋真、藤山勇一の各議員が出席した。

若者相談窓口は、同市在住の15歳から39歳までの若者と、その家族が利用でき、就労関係の悩みのほか、ニートやひきこもり、アルコール依存症の問題など、さまざまな相談に応じる。相談内容によって適切な公的・民間機関につなげ、問題解決を図っていくのが目的。

比嘉所長は、同センター内に臨床心理士の職員が2人いることも強みだとした上で、「ここに相談に来れば手厚く対応できる。若者の抱える問題解決のためにも、どんどんPRしていきたい」と話した。

市議会公明党はこれまで、ニートや不登校など若者が抱える問題が深刻化する中で、若者支援の体制強化の重要性を議会で一貫して主張し、若者相談窓口の設置を推進してきた。市議会教育福祉委員長として開設式であいさつした高橋議員は、「(若者支援に向けて)窓口の設置は一歩も二歩も前進だ」と強調し、今後のさらなる充実への期待を語っていた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読