力強い経済実現へ総力

公明新聞:2016年1月4日(月)付

公明、全国各地で新春街頭演説会
山口代表らが強調 軽減税率は“心の景気対策”

参院選勝利へ攻めの拡大

2016年が開幕し、公明党は年頭から山口那津男代表、井上義久幹事長ら党幹部を先頭に、全国各地で新春街頭演説会を行い、夏の参院選勝利へ勢いよくスタートを切った。山口代表は、現在の自公連立政権が発足して3年が過ぎ、デフレ脱却をめざして着実に実績を重ねてきたと強調。今後も「デフレ脱却の路線で経済を力強くし、その結果を少子高齢化を乗り切るさまざまな施策に及ぼしていく。政権と力を合わせて取り組む」と訴えた。

年頭の決意を述べる山口代表と長沢、竹谷、太田、高木(陽)、高木(美)の各氏=2日 東京・新宿駅西口【東京】山口代表は2日午前、東京・新宿駅西口で太田昭宏全国議員団会議議長、高木陽介、高木美智代の両衆院議員、竹谷とし子(参院選予定候補=東京選挙区)、長沢ひろあき(同=比例区)の両参院議員らと共に街頭演説を行った。

山口代表は、政府が「希望出生率1.8」の実現を掲げていることに触れ、「公明党は都議会や区市町村の議員と積み重ねてきた福祉政策を、さらに前進させたい」と強調。また、今後も賃金引き上げの流れを大企業から、中小・小規模企業にも波及させていくと訴え、「賃金上昇の恩恵を受けられない方々にも、デフレ脱却の路線によって税収が上がってきているので、適切に配分していくことも重要だ」との認識を示した。

日韓両政府の間で昨年末、日本側が約10億円を拠出して元慰安婦への支援事業を行うことで合意したことについては、「両国が合意したことは不退転の決意で実現していかねばならない」と指摘。今年は日本で日中韓首脳会談が行われることにも言及し、「日中韓の関係を、揺るがぬ関係へと仕上げていかなければならない」と力説した。

また、消費税率10%への引き上げに伴う軽減税率制度について、酒と外食を除く飲食料品などを対象とすることで正式決定したことをあらためて報告。「国民の痛税感を和らげ、経済の勢いを落とさない“心の景気対策”だ」と意義を強調した。

一方、今夏の参院選については、「さらに勢いを拡大し、日本の政権を安定させ、国民のため、世界の平和と安定のために力を尽くしたい」と表明。竹谷さんは「子どもの貧困対策に取り組み、安心して暮らせる社会のために働く」と強調し、長沢氏は「安全・安心の社会、命を守る政治へ全力で走り抜く」と訴えた。

経済再生への決意を訴える太田議長、西田氏ら=2日 さいたま市【埼玉】公明党の太田昭宏全国議員団会議議長と西田まこと参院幹事長(参院選予定候補=埼玉選挙区)は2日、さいたま市のJR大宮駅西口で開かれた党埼玉県本部(西田代表)の街頭演説会で経済再生などに全力を挙げる決意を訴えた。

太田議長は「景気回復の実感を国民の皆さまに届け、今年はもはやデフレではないと宣言できる年にしていく」と強調。西田氏は、新幹線の「大宮駅始発」による高速交通網の充実などを通して「埼玉をもっと元気にし、発展させていくために働く」と力説した。


支援を呼び掛ける三浦、古屋副代表、上田、佐々木の各氏=3日 横浜市【神奈川】古屋範子副代表は3日、横浜市内で行われた党神奈川県本部の街頭演説会に、三浦のぶひろ党青年局次長(参院選予定候補=神奈川選挙区)と共に出席し、公明党への支援を訴えた。上田勇県代表(衆院議員)、佐々木さやか参院議員も出席した。

古屋副代表と上田氏は国民生活を守るために全力を挙げると決意。三浦氏は、工学博士の経験を生かし「科学技術立国・日本を推進していく」と力説した。

演説する荒木、伊藤、魚住、里見、新妻の各氏ら=2日 名古屋市【愛知】党愛知県本部(伊藤渉代表=衆院議員)は2日、名古屋市で街頭演説会を開催。伊藤県代表をはじめ、魚住裕一郎中部方面本部長、荒木清寛同副本部長、新妻秀規県副代表の各参院議員、里見りゅうじ党労働局次長(参院選予定候補=愛知選挙区)らが参加した。

魚住氏は、2016年度予算案と15年度補正予算案に公明党の主張で子育てや介護の支援充実が盛り込まれたことに触れ「介護離職ゼロや地方創生などの政策を加速させる」と訴えた。

里見氏は「厚生労働省で培った経験を生かし、愛知から日本の明日を切り開いていく」と決意を述べた。

支援を呼び掛ける北側副代表と、山本(香)、石川、佐藤(茂)の各氏=2日 大阪市【大阪】党大阪府本部(佐藤茂樹代表=衆院議員)は2日、大阪市内で街頭演説会を開き、北側一雄副代表、佐藤府代表、山本香苗、石川ひろたか(参院選予定候補=大阪選挙区)、杉久武の各参院議員が支援を訴えた。

北側副代表は「最重要課題は経済の再生だ。大企業だけでなく、中小企業にも経済の好循環が及ぶようにしていく」と強調。また消費税の軽減税率導入へ法案成立にも取り組むと力説した。佐藤氏は、「国民目線に立ち、安定した政治基盤を築く」と述べ、石川氏は「大阪の景気回復へ全力を注ぐ」と決意を表明した。

実績を訴える赤羽氏と、濱村、伊藤、中野の各氏=3日 神戸市【兵庫】党兵庫県本部の赤羽一嘉代表、中野洋昌、濱村進の両副代表(いずれも衆院議員)は3日、神戸市内で街頭演説会を行い、伊藤たかえ党女性局次長(参院選予定候補=兵庫選挙区)らと共に支援を訴えた。赤羽氏は、参院兵庫選挙区の定数が増えたことを踏まえ、「県民の声を国政に届ける絶好のチャンス。兵庫創生へ全力で仕事をする」と強調。伊藤さんは「働く意欲を大切にする社会の実現へ賃金上昇をめざす。一人の声を力に走り抜く」と呼び掛けた。

決意を披歴する濱地、あきの、高瀬、吉田の各氏=3日 北九州市【福岡】党福岡県本部(木庭健太郎代表)は3日、北九州市内で街頭演説会を開催。濱地雅一、吉田宣弘の両衆院議員と、あきの公造参院議員(参院選予定候補=比例区)、高瀬ひろみ党女性局次長(同=福岡選挙区)が参加した。

あきの氏は、医療費助成の対象となる指定難病の拡充など、公明党の実績を紹介。「国と地方のネットワークの力を持つ公明党だからこそ、一人の声が届く政治を実現できる」と力説した。

高瀬さんは「福岡を元気にし、女性や若者が働きやすい社会づくりに力を尽くす」と決意を述べた。

関連記事1関連記事2

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読