夜間・土日の無料労働相談

公明新聞:2015年12月1日(火)付

7カ月で1万6000件超 15年度
厚労省委託の電話窓口
解雇の悩みなど対応

公明、開設を後押し

厚生労働省は11月24日、平日夜間や土日に無料で、解雇、過重労働などの悩みに対応する電話窓口「労働条件相談ほっとライン」(0120-811-610)に、今年4月から11月7日までの約7カ月間で1万6788件の相談が寄せられたと発表した。

厚労省委託事業の同窓口は、2014年9月に開設された。日中忙しい労働者などが対象で、相談員が労働関係法令の説明や、相談に合った関係機関の紹介を行っている。受付時間は月、火、木、金曜日の午後5時から午後10時と土日の午前10時から午後5時。経営者からの相談や匿名での相談にも応じる。

今年度の主な相談は▽休日・休暇(1366件)▽解雇・雇い止め(1361件)▽パワーハラスメント(1353件)▽賃金不払い残業(1250件)―など。同省担当者は「来年度も事業を継続したいと考えている」と話している。

公明党は、若者を使い捨てる“ブラック企業”への対策として、同窓口の開設を積極的に推進してきた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読