山口代表が訪韓報告

公明新聞:2015年10月10日(土)付

首相「日韓首脳会談、実現したい」

公明党訪韓団の山口那津男代表、古屋範子副代表、遠山清彦国際局長は9日午後、ソウル・金浦空港発の全日空機で羽田空港に到着、帰国した。

山口代表は同日夜、首相官邸で安倍晋三首相と会談し、訪韓の成果などを報告した。

席上、山口代表は、朴槿恵大統領との会談の際、安倍首相からの親書を手渡し、朴大統領から謝意が伝えられたと報告。日中韓首脳会談で「安倍首相と会うのを楽しみにしている」との朴大統領の言葉を紹介した。

また、朴大統領が従軍慰安婦問題の解決を求めていたことに触れ、「慰安婦問題は日韓の間の懸案。(朴大統領が)日韓首脳会談を行い、この問題をテーマにしたいとの意欲の表れだと思う」との考えを伝えた。

安倍首相は、日韓首脳会談について「そうした機会があればぜひ実現したい」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読