10代のキミに…コメ助パンフ

公明新聞:2015年9月21日(月)付

コメ助の姿をそのままかたどった「コメ助パンフ」コメ助の姿をそのままかたどった「コメ助パンフ」

スマホで飛び出す動画

コメにちは! 僕は公明党青年委員会のイメージキャラクターの「コメ助」。皆さんに大ニュース! 来年夏の参院選から18歳と19歳も投票ができるようになることを記念して、若者向けのパンフレットができたんだヨネ。どんな内容なのか、わが家のコメ吉お父さんと、まい子お母さん、妹のコメ子に聞いてみたコメ!

コメ助 どんなパンフレットなんだコメ?

アプリを起動しスマホをかざすと動画が流れるコメ吉 最大の特徴は「飛び出す動画」だよ。スマートフォンの専用アプリケーションを使って見ることができる。マークの付いた画像にアプリを起動したスマホをかざすと、まるで画像が動き出したように動画が流れるんだ(下記「こうすれば視聴できます」参照)。

コメ助 面白イネ! いろいろな種類があるね。

コメ吉 樋口尚也青年局長、中野洋昌学生局長(ともに衆院議員)、佐々木さやか参院議員、そして何と、山口那津男代表も登場しているよ。公明党の実績を紹介したり、10代をはじめとする若者にエールを送ったりしているよ。

コメ助 すごイネ! 山口代表自らが出演するなんて画期的だ。

コメ吉 それだけ公明党が真剣に若者を応援しているということだね。

まい子 パンフでは、公明党が若者のために積み重ねてきた実績も紹介しているわ。

コメ助 どんな実績が載っているんだコメ?

まい子 例えば、携帯電話会社を変えても今の番号をそのまま利用できる「番号ポータビリティー(持ち運び)制度」の実現ね。

コメ助 勉強になるコメ。

まい子 それだけじゃないわ。子ども医療費の無料化を進めているのも、奨学金を充実しているのも、若者の雇用対策を充実したのも公明党ね。

コメ助 18歳選挙権も公明党がずっと訴え続けてきたから実現したんだヨネ?

まい子 そう。45年以上も前から実現をめざしてきたのヨ。

コメ助 実績も大事だけど、これから何をするのかも重要だヨネ。

コメ子 パンフには、一人一人違う若者の「自分らしく」を応援するための政策提言「KOMEI YOUTH VISION」も載っているの。

コメ助 確かに、それぞれ抱える悩みは違うコメ。

コメ子 だから、公明党青年委員会のメンバーは若者と膝詰めで懇談して、必要だと思った政策をまとめたのヨ。ブラック企業対策や返済不要の奨学金の実現などを掲げているわ。

コメ助 パンフを見れば公明党がよく分かるコメ。

議員の訪問対話などに活用

パンフの目的

コメ助パンフは、10代を中心とした若者に公明党を知ってもらうため公明党青年委員会が作りました。大きさはA5変形型サイズで計8ページ建て。短時間でも理解できるように内容を厳選し、動画を豊富に取り入れています。パンフの内容は、10月中旬をめどに党ホームページでも公開する予定です。

いつ使う?

議員の訪問対話活動や支部会での研さんに使います。インパクトのあるデザインなので、表紙を見せるだけでも話題になりそうです。片手にパンフ、もう一方にスマホを持てば、いつでもどこでも動画を見ることができます。

気を付けて

専用アプリを起動させ画像にスマホをかざしても動画が読み込めない時は、アプリのアップデート(更新)が必要です。動画は長いものでも5分30秒程度で終わりますが、通信料が気になる場合は駅や携帯電話ショップなど無料のネット接続(Wi―Fi)がある場所で動画を読み込んでください。一度読み込めば、次からはすぐに動画を見ることができます。

こうすれば視聴できます

パンフの動画を見るには、スマホで専用のアプリケーション「PRD」をインストールし、起動する必要があります。iPhone、iPadを使っている人は、以下の手順を踏んでください。

(1)「App Store」の検索欄に「PRD」と文字を打ち、株式会社ジェブが提供するPRDアプリを見つける。

動画の入り口はこちら(2)入手ボタンを押し、PRDアプリをダウンロードする。

(3)PRDアプリを起動した状態で、マークの付いた画像にスマホのカメラをかざす。

(4)しばらくすると、動画の読み込みが始まるので、そのままの状態で少し待ちます。

※右に動画が見られる画像を掲載しましたので、試してください。

動画の入り口はこちらただ、その他の機種にはPRDアプリが配信されていません。画像の隣に付いているQRコードを読み込んで動画をご覧ください。

Androidに関しては、10月にもPRDアプリの配信を開始する予定です。配信が始まれば「飛び出る動画」を見ることができますので、今しばらく待ってください。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読