日韓首脳会談を年内に

公明新聞:2015年8月16日(日)付

あいさつする魚住氏=15日 都内あいさつする魚住氏=15日 都内

節目の時、関係を改善
民団の式典で魚住氏

公明党の魚住裕一郎参院会長は15日、都内で行われた在日本大韓民国民団(民団)中央本部主催の光復節中央記念式典に出席し、あいさつした。高木美智代衆院議員、大松成都議も出席した。

魚住氏は、日韓国交正常化50年、戦後70年の今年に「日韓関係を改善していこうという大きな動きが出てきた。年内に日韓の首脳会談が開けるまでに持っていきたい」と力説した。

一方、在日韓国人などを差別するヘイトスピーチ(憎悪表現)問題について、「絶対にあってはならない」と強調。その上で、国会で審議が始まったヘイトスピーチを規制する法案に触れ、表現の自由には留意し「皆さんの要望に寄り添う内容にしたい」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読