「がん教育」で命の大切さを

公明新聞:2015年8月2日(日)付

がん体験者の話に聞き入る参加者がん体験者の話に聞き入る参加者

正しい知識 親子で学ぶ

がんに対する正しい知識を学び、命の大切さについて理解を深める「がん教育」が現在、全国の教育現場などで活発に行われています。京都府など各地の取り組みを紹介するとともに、がん教育を推進してきた公明党の動きについて、党がん対策推進本部長の古屋範子副代表のコメントを掲載します。

京都府の夏休み子ども教室

病院で医療機器の見学も

「症状がない状態で、がん検診を受けて初期のがんを見つけました」と語るのは、がん経験者の松本博志さん(52)。発見当初は「がん=死」との思い込みから落ち込んだものの、その後、家族を通じて“早期発見すれば治る病気”だと知り、手術を決意。今では、元気に働いているということを報告しました。

これは、京都府が府立医科大学附属病院と共催で、7月26日に開いた、家族と一緒にがんについて学ぶ体験型イベント「夏休みこども『がん教室』」での一幕。府では2013年度から「生命のがん教育推進プロジェクト」を実施しています。これまで府内の小中高100校以上で出前授業を行っています。今回の教室は特別企画で、23組の児童と保護者が参加しました。

教室では、同病院消化器内科医の吉田直久さんが、がんの基礎知識を丁寧に説明。「がんの早期発見には定期的な検診を」と呼び掛けました。また、同病院栄養管理部技師の明石有佳さんから、がんの予防として、バランスの取れた食生活の必要性などについて説明がありました。

参加者は、同病院内のがん検診・治療に使う医療機器などを見学。抗がん剤の注射や点滴を行う外来化学療法センターでは、患者がリラックスできる雰囲気に、参加者から「イメージが変わりました」との感想が。放射線治療に使う医療機器では、放射線の照射範囲を、がんの形に合わせて自在に変える技術を聞きました。内視鏡室では、親子が協力してシミュレーターを使い、大腸の模型からポリープを取り除く体験を行いました。

参加した小学5年の黒田真理乃さんは「勉強になりました。内視鏡の操作が意外と難しかったです」と述べ、お母さんも「普段見ることがない機器に触れることで、実感が湧きました」と話していました。小学6年の児童と参加した京都市内在住のお母さんは「がんに対する正しい知識を学ぶ良い機会になりました。家族みんなで話し合いたいです」と語っていました。

各地の取り組みから

独自に教材を作成、小中高で出前授業など多彩

公明党の推進で特色あるがん教育が展開――。文部科学省は2014年度から、「がんの教育総合支援事業」の一環として、一部自治体の学校でモデル事業を実施し、多彩な取り組みが行われています。

北海道は、専門医による、がん教育の出前授業を小学校9校で開催。児童は、クイズ形式で予防法などを学ぶとともに、家族宛てのメッセージカードを作成しました。

茨城県では、中学と高校の計14校で、専門医らによる講演会を行いました。生徒へのアンケートによると、「がん検診は大切だという、生徒の意識の変化が見られました」(県担当者)。

全国に先駆けて、がん教育の普及を進める香川県は、独自の教育プログラムを作成し、小中高校で授業を実施。さらに、教員向けの「がん教育の手引き」を全公立小中高校に配布しています。保健学習の生活習慣病の授業で活用する副教材

がんの正しい知識とともに、“命の大切さ”を理解してもらおうと、福岡市は、がん経験者を招き、小中高校各1校で講演会などを開きました。今年度は実施校を増やして開催する予定です。

モデル事業以外でも、名古屋市は独自に保健学習の生活習慣病の授業で活用する副教材【写真】を、全小中学校に配布。がんについてイラスト入りで分かりやすく解説しています。

専門医の活用など 全国展開に力注ぐ
公明党がん対策推進本部長 古屋範子副代表(衆院議員)

子どもたちが、がんを正しく理解することは、生活習慣の改善や喫煙の防止だけでなく、将来的に検診受診率を向上させ、がんとの共生社会を築いていく基礎になります。

公明党は、がん対策基本法制定(2006年)や、がん対策推進基本計画(07年度から5カ年)の策定を主導し、国を挙げた、がん対策を進める中で、がん教育については、第2次基本計画(12年度から5カ年)に「がんの教育・普及啓発」を初めて盛り込ませるなど、国の取り組みを大きく前進させてきました。

政府は「がん対策加速化プラン」の年内策定をめざしていますが、党として、がん専門医や経験者といった「外部講師」を活用した、がん教育の全国展開を急ぐよう、強く要望していきます。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読