視覚障がい者のため 図書館に立体コピー機設置

公明新聞:2015年7月22日(水)付

立体コピー機の導入を喜ぶ上村区議と喜多さんら立体コピー機の導入を喜ぶ(左から)上村区議と喜多さんら

東京・葛飾区

今年3月、東京都葛飾区の区立中央図書館に立体コピー作成機が導入された。専用の用紙に熱を加えることで印刷した文字や絵が立体的に浮き上がり、視覚障がいのある人でもコピーを触ることによって、実際の文字や絵を想像することができる。

立体コピー機で作成した見本を基に喜多さんが書いた作品同区在住の喜多正泰さん(70)は、このコピー機で作成した見本を基に習字などに挑戦している。喜多さんは60歳のとき、糖尿病による合併症で「いずれ目が見えなくなるだろう」と宣告された。高齢で視覚障がいになった場合、教育や生活訓練を受ける場が少なく、精神的負担も大きい。生きる希望を失い、自暴自棄になったこともあった。しかし、今は「習字だけではなく、自分で撮った写真なども触れて分かるようになり、日々楽しみが増えています」とうれしそうに語っている。

同館にコピー機が導入されるまでは、ガイドヘルパーと共に、同様のコピー機が設置されている新宿の施設まで片道1時間以上の道のりを通っていた。昨年、喜多さんから相談を受けた公明党の上村泰子区議はすぐに行動を開始。視覚障がいについてもっとよく知ろうと、京都の施設まで足を運んだことも。1人の声を形にしようと粘り強く訴える中で、今回の導入が実現した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読