統一選前半戦 公明、激戦勝ち抜く

公明新聞:2015年4月13日(月)付

道府県170、政令市174人が当選
大阪市会此花区選挙区で1氏が惜敗

全国屈指の最激戦区で逆転勝利を収め、喜び合う中村広美氏第18回統一地方選挙の前半戦とな る41道府県議選、17政令市議選、10道県知事選と5政令市長選は12日、投票が行われ、即日開票された。公明党からは、道府県議選に170人(推薦1 人含む)、政令市議選に175人の計345人が立候補(うち8人が無投票当選)。各選挙区で厳しい戦いとなったが、41道府県議選で170人、政令市議選 で174人の計344人が見事に激戦を勝ち抜いた。一方、大阪市議選此花区選挙区で新人1氏がわずか170票差で惜敗した。
献身的なご支援をいただいた党員、支持者ならびに創価学会員の皆さまに心から感謝を申し上げます。



全国屈指の激戦区で接戦を勝ち抜き、喜び合う肥後洋一朗氏東京都新宿区の公明党本部内の開票センターには、道府県議選、政令市議選の公明党候補者数が道府県、政令市ごとに張り出され、続々と各地からの開票状況が伝えられた。

 



最激戦区を勝ち抜き、党員、支持者と喜びを爆発させる垣見大志朗氏山口那津男代表、井上義久幹事長ら駆け付けた党幹部は、緊迫した雰囲気の中、各地から刻一刻と伝えられる開票状況を見守った。

 



定数1減の中、劣勢をハネ返し、逆転勝利の喜びに沸く党員、支持者と福島直子さん道府県議選では午後8時22分、群馬県太田市の薬丸潔氏(現)の当選確実の第一報が。続いて、同前橋市の水野俊雄氏(現)、同高崎市の福重隆浩氏(現)が当選を確実にし、同県で擁立した候補全員が勝利した。議席獲得に初挑戦した佐賀県唐津市・東松浦郡の木村雄一氏(新)、佐賀市の中本正一氏(新)も当選確実となり、同県は1議席増を成し遂げた。



支持者の激闘により公明空白区で初当選した安沢峰子さん全国屈指の激戦区となった大阪府寝屋川市の肥後洋一朗氏(現)、同大阪市住吉区の中村広美氏(現)、同岸和田市の垣見大志朗氏(現)が大接戦を制した。「定数2」の壁を破り、同大東市・四條畷市の内海久子さん(現)、埼玉県新座市の安藤友貴氏(現)が大激戦を突破した。

 

大激戦を勝ち抜き、2議席を死守した塩野正行、萩原一寿の両氏広島県呉市の下西幸雄氏(新)、千葉県八千代市の横山秀明氏(現)、埼玉県川口市の塩野正行氏(現)、萩原一寿氏(現)、大阪府高槻市・島本町の林啓二氏(現)、新潟県長岡市・出雲崎町の安沢峰子さん(新)、京都府京都市山科区の林正樹氏(現)も勝利した。
一方、政令市議選では大阪市阿倍野区の島田真理さん(現)、同北区の山本智子さん(新)、同大正区の金沢一博氏(現)、横浜市中区の福島直子さん(現)らが当選確実となった。


定数3の激戦を制し、公明初議席を勝ち取った田村耕作氏当選確実の報を受け、山口代表らが、当選者数を表す赤い数字を張り付けると、場内は大歓声に沸いた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読