安倍首相、太田候補(東京12区)を応援

公明新聞:2014年12月8日(月)付

太田あきひろ候補(東京12区)への支援を訴える安倍首相=7日 東京・北区太田あきひろ候補(東京12区)(左)への支援を訴える安倍首相=7日 東京・北区

公明党前職の太田あきひろ候補(東京12区)は7日、東京都北区で行われた街頭演説会で、断固勝利へ絶大な支援を訴えた。安倍晋三首相、舛添要一都知事が応援に駆け付けた。

太田候補は、今回の衆院選について、「この2年間で何をしたかが問われる」と力説。国土交通相として、東日本大震災の復興に向け、三陸鉄道の全線開通や、常磐自動車道の新区間開通を実現したほか、外国船のサンゴ密漁問題、自然災害の防災・減災対策などに取り組んできたと語った。

安倍首相は、太田候補を「自公連立政権の“要”。安倍政権になくてはならない」と評価。「観光立国を太田候補が先頭に立って進めてきた結果、海外から日本への観光客が今年は1300万人になろうとしている」などと成果を紹介した上で、「成長し、豊かになる国をつくるのに必要なのが太田候補だ」と訴えた。

舛添知事は、「都政を前に進めるためにも、太田候補に勝ってもらわなければならない」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読