党懇話会が精力的取り組み

公明新聞:2014年11月7日(金)付

測量設計 設立総会

測量設計 設立総会公明党の測量設計議員懇話会(会長=石井啓一政務調査会長)は6日、衆院第1議員会館で設立総会を開くとともに、全国測量設計業協会連合会の野瀬操会長らから、来年度予算について要望を受けた。公明党の山口那津男代表、井上義久幹事長らが出席した。

席上、野瀬会長は公共工事における測量設計業の技術者単価について、「今年度の上昇幅は増したが、過去の水準に比べてまだ低い」と述べ、さらなる増額などを求めた。山口代表は、測量設計業の社会的評価の向上に、「業界と力を合わせていきたい」と述べた。

水産資源 初会合開く

水産資源 初会合開く公明党の水産資源の持続的利用を考える議員懇話会(会長=井上義久幹事長)は5日、参院議員会館で初会合を開き、大日本水産会、全国漁業協同組合連合会、全国漁港漁場協会とそれぞれ意見を交わした。

井上会長は「水産業は日本の食を支える重要な産業だ」と述べ、活性化に全力で取り組む考えを示した。

3団体は、▽多種多様な水産物の安定供給を可能にする資源管理への支援▽燃油高騰対策の継続・強化▽水産物の消費拡大と輸出促進に資する衛生管理対策の拡充―などを要望した。

地ビール 製造団体の要請聞く

地ビール 製造団体の要請聞く公明党の山口那津男代表と地ビール振興議員懇話会(魚住裕一郎会長)は6日、衆院第2議員会館で全国地ビール醸造者協議会(黄金井康巳会長)から来年度税制改正の要望を受けた。黄金井会長は、少子高齢化など、酒類業界の厳しい環境に触れ、酒類全般に対する減税を求めた。

オートバイ 二輪車団体から要望

オートバイ 二輪車団体から要望公明党オートバイ議員懇話会(北側一雄会長)は5日、衆院第2議員会館で日本自動車工業会や全国オートバイ協同組合連合会などから税制に関する要望を聞いた。山口那津男代表、北側会長らが出席した。団体側は「二輪車は学生や主婦、高齢者も多く利用し、既販車を増税対象にするとユーザーに過重な負担を強いる」として、二輪車を含む軽自動車税の増税対象を来年4月以降に新しく取得する車両とするよう求めた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読