参院選改革は「ブロック制」

公明新聞:2014年5月28日(水)付

参院選挙制度改革に関する基本的な考え方を了承した党政治改革本部=27日 衆院第2議員会館参院選挙制度改革に関する基本的な考え方を了承した党政治改革本部=27日 衆院第2議員会館

党政治改革本部 30日の各党協議で提示

公明党政治改革本部(北側一雄本部長=衆院議員)は27日、衆院第2議員会館で会合を開き、参院選挙制度の見直しに当たり、公明党の基本的な考え方を取りまとめ、参院公明党が30日の各党協議に提示することを了承した。

基本的な考え方は、(1)「1票の格差」は2倍以内に抑える(2)全国比例区を廃止し、11ブロック別大選挙区制とする(3)各会派との合意形成に努め、次期参院選は抜本的に見直した新制度で臨む―の3点。

ブロック制導入を求めるのは、中小政党や無所属候補者も当選しやすくすることで、より多様な意見を政治に反映することをめざし、地域の特性にも配慮できるため。また、総定数を現行242から200に削減する案も示し、これにより、格差は1.132倍まで縮小すると試算している。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読