党青年委が被災地調査

公明新聞:2013年8月10日(土)付

課題つかみ復興加速を
3班に分かれて岩手、宮城、福島へ
首長、住民らの声聞く
新人参院議員も参加

公明党青年委員会(谷合正明委員長=参院議員)は9日、東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島3県の各復興支援担当国会議員が3班に分かれ、各県の被災地を調査した。これには先の参院選で初当選した新人議員も参加し、被災者に寄り添い、復興を加速させることを誓った。

戸羽市長と復興について意見交換する佐々木、濱村、岡本、谷合の各氏ら=9日 岩手・陸前高田市【岩手県】谷合青年委員長と岡本三成、濱村進の両衆院議員、佐々木さやか参院議員は、陸前高田市を訪れ、被災者の声を聞くとともに、戸羽太市長と復興の課題について意見交換した。党同県本部の小野寺好代表(県議)が同行した。

震災遺児の姉弟を養育している清水記和子さん(76)は「県の里親制度の申請をしているさなかだが、手続きが煩雑なので法律について身近な相談窓口がほしい」と語っていた。

戸羽市長は、沿岸部の復旧状況や市の復興計画を説明した上で、「一日も早く復興を具現化することが住民の切実な願いだ。公明党には復興を“看板”にして取り組んでもらいたい」と訴えた。

議員団は「責任を持って現場に通い、地元で必要とされているニーズをつかみ支援を進めていく」と述べていた。

高台移転事業の工事現場を視察する樋口、石川、杉、平木、佐藤英道の各氏ら=9日 宮城・東松島市【宮城県】佐藤英道、樋口尚也の両衆院議員と石川博崇、杉久武、平木大作の各参院議員は気仙沼市と東松島市を訪れ、行政や商工関係者らと現場の復興の課題について意見交換した。党同県本部の地元議員も同行した。

一行は、気仙沼市で、気仙沼漁業協同組合の佐藤亮輔組合長、村田次男代表理事専務と懇談。「水産加工業の再建にあたり、販売状況が安定するまで資金面での応援を」などの要望を受けた。

次いで、東松島市では、市が独立行政法人都市再生機構に委託している「野蒜北部丘陵地区」の高台移転事業の工事現場を視察。市復興都市計画課の小林典明課長は「資材の高騰などで今後、事業費の増額が必要になる」と説明した。

石川氏らは「今後も現場に足しげく通い、地域住民の声を政治に反映する役割を果たしていく」と語っていた。

避難中の住民から話を聞く中野、矢倉、国重、新妻、若松の各氏ら=9日 福島・南相馬市【福島県】同県担当責任者の若松謙維参院議員を中心に、国重徹、中野洋昌両衆院議員、矢倉克夫、新妻秀規両参院議員は南相馬市と相馬市を視察した。党同県本部の甚野源次郎代表(県議)らが同行した。

一行は、東京電力福島第1原発事故による避難指示が出された南相馬市の原町区と小高区を訪問。住宅の除染作業や、被ばくした牛を大学の放射能研究に提供している「懸の森みどりファーム」などを見学し、課題を聞いた。また、同市鹿島区の仮設住宅で住民と懇談した。一方、相馬市では、相馬双葉漁業協同組合松川支所を訪問。東京電力福島第1原発から汚染水が流出している問題について、漁業者は「9月に試験操業を予定していたが立ち止まった。意気込みが踏みにじられて悔しい」などと訴え、国の全面的支援を求めた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読