「イカンザキ!」が再び

公明新聞:2013年7月8日(月)付

参院選争点や時事ニュース 神崎、坂口氏らが語り合う参院選争点や時事ニュース 神崎、坂口氏らが語り合う

参院選争点や時事ニュース 神崎、坂口氏らが語り合う
ニコニコ生放送で

神崎坂口の時遊空間「イカンザキ! が再び」―。インターネットの動画サイト「ニコニコ動画」と公明党がタイアップした番組「公明党OB放談~神崎・坂口の時遊空間」が6日、午後8時から生放送されました。

ご意見番役として登場したのは、公明党の神崎武法常任顧問(元党代表)と坂口力特別顧問(元党副代表)。進行役は、党青年委員会の竹谷とし子副委員長(参院議員)が務め、参院選の争点や時事ニュースについて、大所高所に立って語り合ったほか、ご意見番の国会議員時代のエピソード、公明党の参院選選挙区候補の紹介などを行いました。

番組は、今話題のテーマが表示されたフリップが用意され、ご意見番のコメントによって、「イカンザキ!」「いいね。」シールが張られるコミカルな内容でした。

また、生放送中に視聴者へ行ったアンケートも好評でした。「今回の参院選で“ねじれ”を解消すべきか」という問いに対して、「ねじれを解消しなくては『イカンザキ』」が88.1%に達したほか、番組終了時に番組の感想を聞いたところ、「とても良かった」が71.3%、「まあまあ良かった」が16.9%となりました。

生放送時の視聴者数は、約1万4000人。「毎週見たい」などのコメントも相次ぎました。

次回の放送は、13日(土)午後8時スタートを予定(開始時間を前倒しする可能性があります)。また、今回の放送は、YouTubeの公明党公式チャンネルなどで視聴できるようになります。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読