日中の信頼醸成促す

公明新聞:2013年4月3日(水)付

質問する伊佐氏=2日 衆院安保委質問する伊佐氏=2日 衆院安保委

「海上連絡メカニズム」急げ
伊佐氏

2日の衆院安全保障委員会で公明党の伊佐進一氏は、日中関係について政府の見解をただした。

伊佐氏は、軍事力を増強し、周辺海域での活動を拡大する中国の動向に触れ、「対応を一歩誤ると軍事衝突につながる危機にある」と指摘。

その上で、日中間の安全保障面における「信頼醸成措置」として、国連平和維持活動や海賊への対処といった分野での交流を提案するとともに、日中防衛当局による「海上連絡メカニズム」の早期構築の重要性を主張した。

これに対して江渡聡徳防衛副大臣は、「日中の協力構築・発展は非常に重要。具体的な努力を進めていく」と答えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読