「公明パンフ」を活用しよう!

公明新聞:2013年3月17日(日)付

参院選、都議選へ公明党を元気に語る決定版
今こそ政治の安定を

「公明パンフ」(公明グラフ別冊)今年夏の政治決戦に向け、公明党の実績や予定候補者を元気に語る決定版、「公明パンフ」(公明グラフ別冊)が完成し、好評発売中です。

「安定は、希望です。公明党」―。

表紙の言葉通り、政治が安定してこそ、経済や外交も強くなり、人々の生活や未来に希望の光が差してきます。そして、きめ細かな「生活者の目線」を持ち、現場の声を政治に反映できる議員ネットワークを持った公明党が柱となってこそ、真の「政治の安定」を実現できます。

昨年12月の衆院選で自民・公明両党は政権与党に復帰したものの、参議院は議席数が与野党で逆転した“ねじれ状態”のまま。政治を安定させ、日本再建を加速するためにも、友好対話に「公明パンフ」をフル活用し、夏の東京都議選、参院選に断じて連続勝利していきましょう!

日本再建へ始動!
「防災・減災 ニューディール 」が前進
「15カ月予算」で経済再生
軽減税率の導入をめざす


「日本再建へ始動!」では、公明党が昨年12月、連立政権に復帰して直ちに着手し、動き出した(1)防災・減災ニューディール(2)経済再生(3)軽減税率―を紹介しています。

「防災・減災ニューディール」は、公明党の主張が国の予算に反映され、国民の命を守る観点から社会インフラ(道路、橋、水道管、水門、堤防など)の維持補修・更新、総点検の取り組みが全国的にスタートしたことを紹介しています。また、公明党が東日本大震災からの復興の加速と福島再生に全力を挙げ、予算と体制を抜本的に強化したことを取り上げています。

「経済再生」は、自公連立政権への期待などを背景に株価が上がる中、2012年度補正予算と13年度予算を合わせた「切れ目ない15カ月予算」で“実感できる景気回復”をめざしていることを強調。再生可能エネルギー・省エネルギー、再生医療などの成長分野を育成し、持続的な経済成長を実現する道筋を示しています。拡充される中小企業支援策なども掲載しています。

消費税の増税に際し、食料品など生活必需品の税率を低く抑える「軽減税率」については、公明党の強い主張の結果、与党税制協議会で15年10月の消費税率10%段階から導入をめざすことで合意した点を紹介。住宅ローン減税の大幅拡充、自動車取得税の廃止などの実績もまとめています。

東洋大学の根本祐二教授、駒澤大学の飯田泰之准教授の評価・期待の声も掲載しています。

「東京」から明日を開く
首都決戦の予定候補、都政動かす活躍を紹介


6月23日(日)投開票の東京都議選に挑む党予定候補23人のアピールポイントや、東京から日本の明日を開く都議会公明党の話題も収録しています。

最近の実績では、「防災先進都市へ」として、全国初の帰宅困難者対策条例の制定、橋の耐震化・長寿命化、女性や高齢者の視点を反映した都地域防災計画などを紹介。また、「命と暮らしを守る」として、駅のホームドア設置など進むバリアフリー化をはじめ、小児医療やがん治療で全国初の取り組みが掲載されています。創設3年で約3000社に利用されている新保証付融資制度など、中小企業支援策も好評です。さらに、都の“隠れ借金”1兆円を解消し、約2年間で活用できる基金を1兆円積み増すなど、効果を発揮した新公会計制度は注目です。

主な政策では、先進医療など成長産業育成のほか、3兆円の経済効果と15万人の雇用を生む2020年五輪の東京招致を打ち出しています。また、学校施設の天井など非構造部材の耐震化、いじめ防止へスクールカウンセラーの全公立小・中学校と都立高校への配置などを推進。岩手、宮城両県の震災がれき処理や、福島県への被災地応援ツアーの継続も挙げています。

ほかに、腐敗都政を一掃し、福祉都政を実現した歴史など、都議会公明党を語れる情報が満載です。

それは参議院から始まった
QRコード付き 充実の候補者ページ


国政における公明党の歴史は、参議院から始まりました。「大衆とともに」の立党精神を胸に、義務教育の教科書無償配布や児童手当などを実現し、「福祉」を政治の柱に据えた公明党の“原点”の闘いを簡潔に紹介。

その伝統を受け継ぎ、今夏の参院選に挑む党予定候補11人(選挙区4人、比例区7人)のページは内容も充実。それぞれ、人柄や経歴、実績、政策などを分かりやすく掲載しています。

各候補ごとに、携帯電話やスマートフォンなどから簡単にメールマガジン登録や動画サイトの視聴(別途、通信料が発生する場合あり)ができる「QRコード」もついています。

実績ストーリーひとくち実績

「実績ショートストーリー」では、2013年度から始まる子宮頸がん、ヒブ、小児用肺炎球菌の3予防ワクチンの定期接種化をはじめ、カネミ油症の公的救済、ドクターヘリの全国配備と、公明党の強い訴えで政治が動いたホットな話題を、ドラマ風に紹介しています。国会議員歳費の削減などを断行してきた「政治・行政改革」の実績と併せて必見です。折り込みページの「すべての世代を応援 公明党ひとくち実績」では、人の一生を支え続ける公明党の多彩な実績が、世代別に分かりやすく掲載されています。

日本の未来を再設計
ユースビジョン 青年政策をコンパクトに


「公明パンフ」青年のページ若者のライフスタイル(生活様式)が多様化した今、戦後から高度経済成長期に設計された「昭和型」の社会システムを見直す必要が出てきています。

そこで公明党青年委員会(谷合正明委員長=参院議員)は、日本の未来をリデザイン(再設計)するため、中長期の政策ビジョン「公明ユースビジョン2030」を策定しています。

青年のページでは、ユースビジョンで掲げる主な政策について、(1)国のカタチ(2)社会保障(3)仕事と生活―の3項目をコンパクトに紹介。各項目では、地域主権型道州制や18歳選挙権の導入をはじめ、若者への社会保障の強化、正規・非正規労働者の格差解消などを掲載しています。

また、携帯電話通話料の値下げや番号ポータビリティー(持ち運び)制度の導入、そして女性特有のがん対策など、党青年委員会が取り組んできた実績も載せています。

お申し込みは

「公明パンフ」はA4変形判・全36ページで、定価は100円(税込み)。ご購読のお申し込み方法は、以下の通り。

【インターネット】ショッピングサイト「公明出版サービス」(http://komeiss.jp

【電話】0120-959-947(受付時間=平日9時~17時)

【ファクス】郵便番号・住所・氏名・電話番号・希望商品名(公明パンフ)・希望冊数を、FAX 0120-959-948(24時間受付)へ

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読