女性の社会進出を応援

公明新聞:2013年3月4日(月)付

公明党の実現した女性の健康政策を紹介する松さんら=3日 東京・目黒区公明党の実現した女性の健康政策を紹介する松さん(中央)ら=3日 東京・目黒区

健康、子育て対策など訴え
東京、大阪、奈良で街頭演説

公明党の松あきら副代表は3日、党東京都本部女性局が目黒区内の東急電鉄・自由が丘駅前で開催した「女性の健康週間」(今月1~8日)記念の街頭演説会に参加し、あいさつした。

まつば多美子局長(都議、都議選予定候補=杉並区)、栗林のり子局次長(同=世田谷区)、斉藤やすひろ党目黒総支部長(同=目黒区)らが参加した。

松さんは、乳がん・子宮頸がん検診無料クーポンなど、公明党が実現した女性の健康を守る政策を紹介。斉藤都議は「目黒区が実施している、胃がん検診の無料制度を活用してほしい」と呼び掛けた。

支援を訴える浮島さん(中央)、杉氏(右隣)ら=3日 大阪市一方、浮島智子党女性委員会副委員長(衆院議員)は3日、杉ひさたけ党青年局次長(参院選予定候補=大阪選挙区)、党大阪府本部の女性議員と共に、大阪市北区で開かれた「ひなまつり街頭演説会」に出席し、支援を訴えた。この演説会は女性の健康週間に合わせ同日、府内各所で一斉に行われたもの。

浮島さんは、JR新大阪駅への授乳室設置や子宮頸がん予防ワクチンの定期接種化などの実績に触れ、「公明党は約900人の女性議員の連携で現場の要望を実現してきた」と強調。杉氏は、女性の社会参画が進む海外での経験を踏まえ「女性が活躍できる社会を築く」と決意を述べた。

公明党の実績を訴える山本(か)さん(中央)ら=3日 奈良・橿原市また、山本かなえ党女性局長(参院議員、参院選予定候補=比例区)は3日、奈良県橿原市内で開かれた党奈良県本部女性局(畭真夕美局長=県議)の「女性の健康週間」記念の街頭演説会に参加した。これには、畭局長のほか県内の市・町議も出席した。

山本さんは、公明党の主張で国の来年度予算案に、保育所等の受け入れ人数を約7万人分増やすなどの待機児童対策が盛り込まれたことを紹介した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読