ワクチン普及さらに

公明新聞:2011年12月4日(日)付

懇談する古屋さんとバークレー氏=2日 衆院第2議員会館懇談する古屋さん(右)とバークレー氏(左)=2日 衆院第2議員会館

古屋さん 世界同盟CEOと懇談

公明党の古屋範子衆院議員は2日、衆院第2議員会館で、GAVIアライアンス(ワクチンと予防接種のための世界同盟)CEO(最高経営責任者)のセス・バークレー氏と懇談した。

席上、バークレー氏は開発途上国での予防接種の推進などGAVIアライアンスの活動を紹介。また、肺炎球菌ワクチンなどに対する市場の形成を進めた結果、ワクチン価格が大幅に低下した実績を強調した。

その上で、子宮頸がんなどの「ワクチンの開発に日本の科学技術を生かしてほしい」と要望した。

古屋さんは「国内のワクチン行政の推進と、世界への貢献を同時に進めていきたい」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読