広がる認知行動療法

公明新聞:2011年2月10日(木)付

大野氏、西田氏と意見交換する古屋さん大野氏(左から2人目)、西田氏(左端)と意見交換する古屋さん=9日 衆院第2議員会館

大野慶大教授「研修への関心、非常に高い」
古屋衆院議員が意見交換

公明党の古屋範子衆院議員は9日、衆院第2議員会館で慶應義塾大学の大野裕教授、東京都精神医学総合研究所の西田淳志医学博士と会い、うつ病の治療に有効な認知行動療法の研修状況などについて意見交換した。

席上、大野氏は認知行動療法の保険適用など公明党の取り組みに対して謝意を表明。認知行動療法の研修については「非常に関心が高く、医師や看護師、保健師、精神保健福祉士など多くの職種の方が参加してくれている」と担い手の広がりを紹介し、「地域医療によるアウトリーチ(訪問支援)の基盤作りになった」と研修の成果を強調した。

また大野氏は「研修をするのが診療の片手間になっている場合が多い」との実情を指摘。普及への課題として「研修を専門にできる人が必要」と訴えた。

一方、西田氏は、心の健康に関する政策の必要性に言及。うつ病対策をはじめとする「精神疾患基本法」の制定を求める請願に対して協力を求めた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読