コメ助の部屋

コメ助イラスト

七草がゆ

「節分の日に恵方巻(えほうまき)を食べると縁起が良い」って言われてるヨネ。
昔から続いている風習だと思ってたけど、お父さんとお母さんが子どもの頃はなかったんだって。
どういうこと?じゃ、いつから始まったの?!
よしっ、今回は恵方巻の調査だコメ!

2017年の恵方は北北西!

 まずは、恵方の意味を調べたコメ。どうやら、古代中国で生まれた陰陽道(おんみょうどう)がもとらしい。恵方は、その年の干支に基づいて決められる最も良い方角のことで、そこには歳徳神(としとくじん)という福の神様がいるんだって。恵方に向かって事を行うと、何でも吉だとされているんだよ。だから、恵方を向いてお願いごとをしながら巻き寿司を食べると、願い事が叶うと言われるようになったんだヨネ。気になる2017年の恵方は、北北西だコメ!

なぜ、無言で巻き寿司を食べるの?

 いろいろな説があって、はっきりした理由は分からないコメ。例えば、巻き寿司を使うのは「福を巻き込む」からで、切らないで丸かじりするのは「縁を切らないため」だと言われていたり。だまって食べるのは「運が逃げないように」という意味が込められているとも言われているヨネ。
あと、巻き寿司の具は、七福神にあやかって7種類。でも、具そのものに決まりはないらしい。野菜でも魚でもお肉でも……何を具にしてもおいしくできちゃうところが、お米のすごいところだヨネ! 恵方巻き

ルーツは江戸時代?

 起源もはっきりしたことは分からないんだけど、江戸時代、大阪の商人が商売繁盛や家内安全を願って巻き寿司を食べるようになったのが恵方巻の始まり、という説があるコメ。その後は昭和になってからの50年代と70年代に、節分に巻き寿司を食べる食文化を広める動きがあったんだとか。でもなかなか定着はしなくて、広まったのは1990年代になってからなんだよ。

どうして節分なの?

 節分は、中国から伝わった二十四節気(にじゅうしせっき)の基準になる日。節分をもとに一年を季節で分けるから、節分には「季節を分ける」という意味があるんだヨネ。本来は「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のことを言うんだけど、旧暦では立春は一年の始まり。特に重んじられたこともあって、節分と言えば、立春の前日をさすようになったんだ。立春が新年の場合、節分は大晦日。年越しにあたる節分には、鬼が出やすいと思われていたんだって。そうか、鬼を追い払うために豆まきが行われるんだね!
豆まきの歴史は古くて、室町時代からあったという説もあるんだよ。豆まきで使うのは炒った大豆で、名前は「福豆」。豆まきで鬼を追い払って福を呼び、恵方巻を食べながら願い事をお願いして……。願い事はあれもこれも、ぜーんぶ叶うとい稲!
節分

今月のコメ助の調査レポート

 千葉県房総半島に伝わる郷土料理「太巻き寿司」は、古くから冠婚葬祭や地域の集まりのごちそうとして親しまれてきたコメ。「太巻き祭り寿司」とも呼ばれるくらい、その特徴は切り口の絵柄の華やかさ。伝統的な花模様から、人気のキャラクターものまでたくさんあるんだヨネ。参考にして、オリジナルな巻き寿司にチャレンジしてみるのも楽し稲。

Copyright © 2015 KOMEITO. All Rights Reserved.