コメ助の部屋

コメ助イラスト

七草がゆ

今回は、冬至の日に食べる「冬至がゆ」を紹介するコメ。
寒さもだんだん厳しくなってくる冬至の頃、あったかいおかゆを食べて、身も心もポカポカ温めたいヨネ。
もうすぐ1年も終わり、そこで冬至がゆのようなお米を使った行事食は他にもあるのか、コメ助が調べて来たよ!

昔から冬至の日の定番メニュー

 冬至は、日本がある北半球では1年のうち、昼(日の出から日没まで)が最も短い日。毎年12月の22日頃なんだけど、2016年を見てみると……12月21日だコメ。冬至の日には、お風呂にゆずを浮かべた「ゆず湯」に入ったり、カボチャを食べる風習が伝わっているヨネ。でも、それだけじゃない。お米料理もあるんだコメ!
それは、冬至がゆ。冬至がゆは、小豆(あずき)をたっぷり使った小豆がゆのことだコメ。 冬至粥

なぜ、小豆(あずき)なの?

 どうして冬至に小豆を食べるんだろう?……と思って調べてみたら、邪気払い(じゃきばらい)だとわかったコメ。太陽の力は冬至の日に1年で最も弱くなり、その後は再び強くなっていくから、この日を境に「運が上向く」と考えられていたんだって。一方で、小豆の赤色には邪気を払う力があると言われていたんだヨネ。冬至の日に小豆の入ったお粥を食べることは、邪気払いをして次の日から1年間の良い運を呼び込もうという意味があったんだコメ。

お米を使った行事食

 「四季のある日本では古くから、季節の行事を大切にしているヨネ。そうしたときにいただく行事食は、旬の食材を取り入れたものが多いけど、冬至粥のように、お米も欠かせないコメ。コメ助がしらべた、お米を使った主な行事食を季節ごとに紹介するよ。

【冬】
●正月7日の七草がゆ……正月7日に春の七草(セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ〔カブ〕、スズシロ〔ダイコン〕を入れて作る七草粥。新年の無病息災を願うと同時に、お正月のご馳走に疲れた胃腸をいたわることもできるヨネ。
七草粥
●小正月の小豆がゆ……1月15日を昔から小正月と呼ばれているんだヨネ。小正月には小豆がゆを食べて邪気払いをし、無病息災を祈る風習が伝わっているんだコメ。

●節分の恵方巻き(えほうまき)……節分の日(毎年2月4日頃)に、恵方(その年で最も良いとされる方角)を向き、願いごとをしながら無言で巻き寿司を食べるんだヨネ。広まったのは最近のことで、いわれの始まりも大正時代だと言われているんだコメ。

【春】
●桃の節句のちらし寿司……3月3日の桃の節句は、ひな祭りとも呼ぶヨネ。もともとは、桃の節句にちらし寿司を食べるいわれがあるわけじゃないらしい。だけど、「エビ=長生き」「レンコン=見通しがきく」など、縁起のいい食材を使っているし、彩りも華やかなので、桃の節句のお祝いメニューの定番になったと言われているコメ。

●端午の節句のちまき……5月5日の「こどもの日」は男の子の節句の日でもあるヨネ。この日にちまきを食べてお祝いするのは、中国で古くから「粽(ちまき)」は忠誠心の象徴と言われていることが由来なんだとか。自分の子に忠義のある人に育ってほしいという願いが込められているんだコメ。

【秋】
●重陽の節句の栗ごはん……9月9日は重陽(ちょうよう)の節句と言って、不老長寿を願う日。菊を用いるから「菊の節句」とも呼ばれているんだヨネ。江戸時代からこの日に、栗ごはんを食べる風習が伝わっているよ。

「ぼたもち」と「おはぎ」

 先祖供養をするお彼岸。その定番お菓子と言えば「ぼたもち(牡丹餅)」だけど、「おはぎ(御萩)」とも呼ぶヨネ。春に咲く牡丹の花にちなんで「ぼたもち」を春の彼岸に、秋に咲く萩の花にちなんで「おはぎ」を秋の彼岸に食べるという説があるけど、もち米を主にしたのが「ぼたもち」で、うるち米を主にしたのが「おはぎ」だという説があったり……。調べてみたらいろんな説があったコメ。うーん、お米ってまだまだ奥深イネ!


今月のコメ助の調査レポート

 1年の特別な日にも、大切な役割をお米。来年の特別な日もいつもの日も、
おいしいごはんをたくさん食べられる年にした稲!

Copyright © 2015 KOMEITO. All Rights Reserved.