コメ助の部屋

コメ助イラスト

七草がゆ

みなさんコメにちは!コメ助だコメ★
今回の知っ得は、災害時に食べるお米。
「非常食」としても、お米はすぐれものらしいコメ。
災害時のどんなときに何が役立つのか、調べてきたヨネ!

災害直後は、調理せずに食べられるものがいいんだね

 災害が起こってライフラインが止まると、援助が届くまでにおよそ3日間かかるそう。その間に口にしやすいのは、水を使ったり温めたり調理をしなくても、そのまま食べられる食品。そこで役立つのが、レトルトのおかゆなんだコメ。確かに、温めなくてもそのまま食べられるレトルトのおかゆは、非常食として、特に最初の3日間用として備えておくのにぴったりなんだヨネ。

  

冷凍ごはんも非常食になるの?

 炊いたごはんを冷凍してストックする人もいるんだヨネ。「停電したら、冷蔵庫で冷凍してある食品は、ダメになっちゃうんじゃない?」と思ったけど、電源が切れてから冷凍庫の食品が溶け出すには時間がかかるみたい。冷凍された食品自体が保冷剤代わりになるから、2日間くらい大丈夫とも言われているんだコメ。いずれにしても、災害直後の食事で冷凍ごはんを食べられるわけだから、これは立派な非常食だヨネ。

ローリングストック、始めてみよう

 日常生活の中で、非常食になるような食品をストックして、普段の食事で使いながら使った分を買い足し、常に一定量を保管する。この方法は「ローリングストック」と呼ばれているのを、初めて知ったコメ。冷凍ごはんも、ローリングストック食品の一つになるんだヨネ。ごはん好きのコメ助としては、さっそく冷凍ごはんでローリングストックを始めてみたいコメ。

長期の備えにはアルファ米

 巨大災害になると、1週間分以上の備蓄が必要なんだって。そうなると、日常生活で使っている食品だけでなく、長期保存できる食品も備えに必要だヨネ。非常食の食品で、よく名前を聞くのがアルファ米だけど、これは一度炊いたごはんを急速に乾燥させた、いわゆる「乾し米(ほしごめ)」のこと。長期保存できるし、お湯や水を注ぐだけで食べられるから、非常食としてはもちろん、登山やレジャーのごはんとしても役立っているんだコメ。 非常食

自分を励ますごちそうごはんも大切

 非常食として販売されているアルファ米は、白飯だけでなく、おかゆ、五目ごはん、ドライカレー、エビピラフなど、種類もいろいろあってびっくり。災害時は不安やストレスから、食欲が落ちそうだし、被災が長引いて同じ食事が続いたら食欲はますます減ってしまうだろうなぁ…。そういう大変なときだからこそ、自分を励ますための、ごちそうごはんが必要だヨネ!せっかくいろいろな種類があるんだから、自分にとってごちそうになりそうなアルファ米を、プラスして備えるのもいいかもしれな稲(イネ)!

非常食を体験できる防災ピクニック

 お弁当の代わりに非常食を持って「防災ピクニック」に出かけてみるのもいいヨネ。せっかく備えておいた非常食が、いざというときに食べたら口に合わない…なんてことになったら困るコメ。ライフラインが使えない場所で体験をしておけば、非常食をおいしく食べるために必要なものは何かもわかるはずコメ。これも1つの備えだヨネ。 防災ピクニック

Copyright © 2015 KOMEITO. All Rights Reserved.