公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p9998

ニュース

2018年9月6日

県民の暮らし最優先

新たな振興計画作りに意欲 
沖縄知事選の討論会で、さきま氏

県知事選に挑む姿勢について語る、さきま氏=5日 沖縄・南風原町

沖縄県知事選(13日告示、30日投票)に出馬を表明している前宜野湾市長の、さきま淳氏=公明、自民、維新推薦=は5日夜、同県南風原町内で開かれた討論会(日本青年会議所沖縄ブロック協議会主催)に出席し、沖縄の将来像や課題、米軍基地問題などについて語った。

この中で、さきま氏は今回の県知事選について「沖縄の未来をつくる選挙だ」と指摘。その上で「県民の暮らしを最優先させ、復帰50年(2022年)に向け、新たな沖縄振興計画を作っていきたい」と力説した。

重点政策として、県民所得の向上や子どもの貧困対策などに力を注ぐと強調。「グローバルかつダイナミックな新たな沖縄づくりを進めたい」と決意を語った。

米軍基地問題については「普天間飛行場を一日も早く返還させる」と力説。跡地利用を進めて沖縄振興を加速させる考えを訴えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア