公明党トップ / ニュース / p99798

ニュース

2020年5月23日

妊婦の休業に助成創設

分娩前にPCR検査実施 
高木(美)氏に首相、厚労相が表明

質問する高木(美)氏=22日 衆院厚労委

安倍晋三首相は22日の衆院厚生労働委員会で、新型コロナウイルス感染への不安を抱えて働く妊婦の保護へ、休業する妊婦のための新たな助成制度を創設する方針を表明した。また、加藤勝信厚労相は、感染の有無を調べるPCR検査について、妊婦が希望すれば分娩前に実施する考えを示した。いずれも公明党の高木美智代氏への答弁。

質疑で高木氏は、「新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置により(医師などの指導に基づき)休業が必要な、働く全ての妊婦が安心して休むことができるよう、新たな仕組みを創設すべきだ」と訴え、休業する妊婦のための助成制度創設を提案した。 安倍首相は、2020年度第2次補正予算の編成に向け「公明党の要望をしっかり受け止めて、早急に具体化していく」と述べた。

また高木氏は、妊婦が安心して出産に臨めるよう、PCR検査実施など支援策の充実をあらためて要請。

加藤厚労相は、妊産婦への総合的な支援の一環として「本人が希望する場合、分娩前のPCR検査を実施する」と表明した。助産師らによるオンライン保健指導や里帰り出産が困難な人への育児支援なども進める考えを示した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア