公明党トップ / ニュース / p99777

ニュース

2020年5月23日

コラム「北斗七星」

大阪、兵庫、京都の関西3府県の緊急事態宣言が21日、解除された。全国の新規感染者数は減少に転じ、日本は事態の収束へ向け一歩前へ進んだ◆国民一人一人がお互いに感染しない、命を守るのだという強い思いで一致協力して接触8割減や外出自粛などに取り組んだ結果である。だが「再び感染の拡大が起こることは十分予測される」(基本的対処方針等諮問委員会の尾身茂会長)。第2波、第3波に備え油断は禁物だ◆これからは感染拡大防止の徹底と社会経済活動をいかに両立させていくかが課題である。久しぶりに営業を再開した各種店舗では、マスクの着用や手指消毒のほか、客の入場制限や身体的距離の確保、除菌効果のあるミストシャワーの設置など、さまざまな工夫が行われている◆大阪府では、大型集客施設などの感染拡大を防ぐため、QRコードを活用し、感染者が出た場合、他の利用者に情報発信するシステムの導入を始める。政府も、スマートフォンアプリを使って感染者と濃厚接触した人を把握し通知する仕組みの実用化を急ぐ。いずれも個人が特定されて偏見や差別が広がらないよう匿名性機能に力点が置かれている◆命も経済も守る。差別を許さない。未曽有のコロナ危機を乗り越える新しい生活習慣、新しい商業スタイルを普及させたい。(鷲)

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア