公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p9924

ニュース

2018年9月5日

安全・安心な豊洲市場へ

開場前に追加対策工事を確認 
都議会公明党

豊洲市場の水産卸売場棟の地下に設置された揚水ポンプを確認する都議会公明党の議員=4日 東京・江東区

東京都議会公明党(東村邦浩幹事長)は4日、10月11日の開場を控えた豊洲市場(東京都江東区)を訪れ、追加対策工事の実施状況を視察した。

追加対策工事は、市場の安全対策を検証する専門家会議の提言に基づき、安全性のさらなる向上に向けて実施。今年7月に完了した。

一行は、水産卸売場棟の地下にある地下水管理システムの機能を強化するため設置された揚水ポンプや、コンクリート打設状況などを確認。また、事業者から寄せられた要望を受けて改修が進む駐車場や積込場などについて、担当者から説明を受けた。

都議会公明党は都民の安全・安心の確保へ、対策工事の実施を訴え、市場の早期開場を推進してきた。東村幹事長は「市場業者が使いやすく、都民にとって安全・安心な豊洲市場の開場をめざす」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア