公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p9675

ニュース

2018年9月2日

政治決戦の勝利へ結束

奈良、和歌山の夏季研で訴え 
北側副代表

党奈良、和歌山両県本部の合同夏季議員研修会であいさつする北側副代表=1日 奈良市

公明党の北側一雄副代表は1日、奈良市で開かれた党奈良(代表=岡史朗県議)、和歌山(代表=多田純一県議)両県本部の合同夏季議員研修会に出席し、あいさつした。

北側副代表は、来年は春の統一地方選、夏の参院選が続く「12年に一度の大事な政治決戦の年」と強調。「断じて勝利するため、全議員が結束して全力で戦い抜こう」と訴えた。

研修会では石田祝稔政務調査会長の担当で、働き方改革や受動喫煙防止対策など、先の通常国会の成果について研さん。大西亘・奈良県桜井市議、石橋千歌子・和歌山県湯浅町議が活動報告を行った。

また、来夏の参院選に挑む杉ひさたけ(大阪選挙区)、山本かなえ(比例区)の両参院議員、高橋みつお国際局次長(兵庫選挙区)が必勝の決意を表明した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア