公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p9619

ニュース

2018年9月1日

河川改修 加速化が必要

西日本豪雨受け要請 石井国交相に
党岡山市議団

石井国交相(中央)に要望する党岡山市議団と谷合氏(左端)=31日 国交省

石井啓一国土交通相(公明党)は31日、国交省で公明党岡山市議団(則武宣弘団長)から、月の西日本豪雨による被害を踏まえた水防対策に関する要望を受けた。党岡山県本部の谷合正明代表(参院議員)が同席した。

席上、則武団長らは、7月豪雨により一級河川の破堤や内水被害が発生したことに言及し、「今回の豪雨災害を教訓として水害に強い街づくりを早急に進めていく必要がある」と強調した。具体的には、破堤により浸水被害が発生した一級河川・砂川などの河川改修事業の加速化、内水氾濫を防止する排水機場や排水ポンプ車の拡充を求めた。

石井国交相は「県や市と連携し、必要な支援を進める」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア