公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p9120

ニュース

2018年8月26日

防災の知見を世界に

政治決戦の勝利で次代開く 
大阪の夏季研で山口代表が強調

党大阪府本部の夏季議員研修会で来年の政治決戦勝利を訴える山口代表(中央左)と、(左から)高橋、杉、山本氏=25日 大阪市

公明党の山口那津男代表は25日、大阪市内で開かれた党大阪府本部(代表=佐藤茂樹衆院議員)の夏季議員研修会に出席し、「来年の政治決戦を勝利し、次の時代の進むべき道を開いていこう」と呼び掛けた。

山口代表は、大阪府北部地震や西日本豪雨など、各地で頻発する自然災害に言及。復旧・復興の取り組みをさらに進めるとともに、「日本はさまざまな災害を経験し、乗り越えてきた“先進経験国”だ」と指摘し、日本の防災・減災の知見を世界に発信していく重要性を力説した。

また、「100万人訪問・調査」運動の意義と成果を強調し、「人々の声と行政をつなぐ最前線にいるのが地方議員であり、ネットワークの要だ」と述べた。

一方、山口代表は来月5日からの中国訪問に触れ、日中平和友好条約締結から40周年の節目に「世界の中で果たすこれからの日中間の役割を語り合い、導き出せるのは公明党しかない」と訴えた。

これに先立ち、北側一雄副代表、佐藤府代表があいさつ。来夏の参院選に挑む杉ひさたけ(大阪選挙区)、山本かなえ(比例区)の両参院議員と高橋みつお党国際局次長(兵庫選挙区)の各予定候補が必勝の決意を力強く表明した。

研修会では大阪観光局の溝畑宏理事長が講演した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア