公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p8499

ニュース

2018年8月17日

西日本豪雨 “旅”で被災地を応援

観光庁 1泊最大6000円補助

被災地を“旅”で応援――。西日本豪雨の発生以降、被災地の宿泊施設でキャンセルが相次ぎ、深刻な影響が出ていることから、観光庁は1人1泊当たり最大6000円を割り引く支援策を新たに設け、復興を後押ししている。

これは公明党の主張を踏まえ、政府が今月初めにまとめた「生活・なりわい再建支援パッケージ」に基づくもの。風評被害を払拭し、観光地の再建を支えるための補助金が創設された。

対象となるのは、今回の豪雨で災害救助法が適用された11府県(岐阜、京都、兵庫、鳥取、島根、岡山、広島、山口、愛媛、高知、福岡)。複数の府県を2泊以上連続して宿泊した人の宿泊料金を補助する。

特に被害の大きかった岡山、広島、愛媛の3県は6000円、それ以外の府県は4000円割り引く。落ち込んだ観光客を呼び戻すため、準備の整った自治体から月内に補助を始める。

旅行者は、予約などの際に対象の宿泊施設に旅行日程を伝えると、補助分が割り引かれた料金で宿泊できる。府と県は宿泊施設の申請に基づいて補助金を支給する。

政府は、被災地でのボランティア活動も支援。2泊以上連続して宿泊し、ボランティア活動をする人にも同様の補助を行う。この場合は、1カ所の連泊でも認められる。

一方、被災自治体としても、民間の宿泊予約サイトで使用できる独自の「宿泊クーポン」を発行しており、国の支援策と併せて観光客の回復に力を注いでいる。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア