公明党トップ / ニュース / p84884

ニュース

2020年4月25日

無症状患者もPCR検査

保険適用し院内感染防げ
衆院厚労委で高木(美)氏

質問する高木(美)氏=24日 衆院厚労委

24日の衆院厚生労働委員会で公明党の高木美智代氏は、病院内での新型コロナウイルス感染を防ぐため、手術や救急医療などを受ける患者に感染症の症状がなくても感染の有無を調べるPCR検査を行う場合に、保険適用するよう訴えた。

高木氏は、院内感染によって病院が手術件数を減らしたり、救急外来を休止したりする事例が発生していると指摘。現在の診療報酬では医療従事者への感染を防ぐ観点から「手術前の肝炎検査などが保険適用になっている」として、無症状の患者へのPCR検査に対する政府の見解をただした。

加藤勝信厚労相は「保険適用はあり得る」と述べた上で、適用の範囲や実施体制などについて医療関係者と詰めていると答弁。これに対し高木氏は「英断を一日も早く」と促した。

また、高木氏は、里帰り出産を依頼されると全て受け入れている病院の院長から「感染者が出ると出産できる所がなくなる。妊婦がPCR検査を受けられないか」との相談があったことに言及。妊婦の側からも感染について不安の声が寄せられているとして、里帰り出産でも自己負担なしで検査が実施できるよう求めた。加藤厚労相は早急に検討する考えを示した。

一方、高木氏は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で所得が急減している国民年金加入者への支援として「保険料の免除措置を」と強調。厚労省側は「当年中の見込み所得が国民年金保険料の免除基準に該当する人について、免除を可能にする。5月から申請受け付けを開始する」と答えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア