公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p8431

ニュース

2018年8月16日

核なき世界へ橋渡し役

公明、終戦記念日街頭で訴え

【福島】

平和を築くため、SDGsの実現に取り組むと訴える若松氏(中央)ら=15日 福島市

公明党福島県本部(代表=若松かねしげ参院議員、参院選予定候補=比例区)は15日、福島市内で終戦記念日の街頭演説会を開いた。若松県代表、県議、市議らが参加した。

若松氏は、世界の平和を脅かす課題の一つに貧困や難民問題があると指摘。先進国と途上国が共同で取り組む、国連の持続可能な開発目標(SDGs)に触れ、「人の心から生まれる戦争を解決するため、公明党は全力を挙げて実現をめざしている」と訴えた。

【千葉】

核廃絶への決意を訴える平木氏(左から5人目)ら=15日 千葉市

党千葉県本部(代表=富田茂之衆院議員)は15日、県内各地で街頭演説会を開き、千葉市内では、平木だいさく参院議員(参院選予定候補=比例区)、県議、市議がマイクを握った。

平木氏は、昨年7月に国連で採択された核兵器禁止条約に言及し、「唯一の被爆国である日本は、核廃絶に向けた議論をリードしていく役割がある」と強調。核廃絶の実現に全力で取り組む決意を語った。

【愛媛】

公明党が平和構築の先頭に立つと訴える山本氏(中央)ら=15日 松山市

党愛媛県本部(代表=笹岡博之県議)は15日、松山市で街頭演説会を開催した。山本ひろし参院議員(参院選予定候補=比例区)が、県議、市議らと参加した。

山本氏は、昨年7月に国連で採択された核兵器禁止条約について、「核兵器のない世界の実現に向け、日本が核保有国と非保有国の間の橋渡し役となることが重要だ」と強調。「公明党は、憲法3原理を堅持し、平和構築の先頭に立つ」と訴えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア