公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p8308

ニュース

2018年8月14日

「長年の不安が解消」

変則五差路 十字路に改良 
千葉・習志野市

広くなった信号待ちの待機場所で交差点の状況を確認する真船市議(右端)ら

千葉県習志野市の東習志野にある、あたご橋交差点でこのほど、変則五差路を十字路に改良する工事が完了し、地域住民から「長年の不安が解消され、安心して渡れます」と喜ばれている。

変則五差路の交差点だった現場では、歩行者が東習志野7丁目側から同2丁目へ向かう際、二つの横断歩道を渡る必要があり、高齢者などは青信号の間に渡り切るのが大変だった。また、信号待ちの人だまりができる上、交通事故がたびたび発生していることから、地域住民から安全対策の必要性が指摘されていた。

こうした実情から、公明党の真船和子市議は2009年12月の定例会で、同交差点の安全対策に言及して以来、一貫して推進。14年9月の定例会では、同年6月に党員らと共に実施した交通量調査の結果を報告し、歩行者の安全確保を粘り強く訴えていた。

今回の工事により、信号を待つ歩行者の待機場所が広くなった。調査に協力した党員の吉竹成子さんは「若い世帯が増えている地域なので、ベビーカーを押すお母さんも安心できる」と話していた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア