公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p8077

ニュース

2018年8月10日

コラム「北斗七星」

100回目となる全国高校野球選手権大会が開幕し、阪神甲子園球場で熱戦が続く。負けたら終わる真剣勝負。そこから生まれる筋書きのないドラマは、1世紀にわたってファンを魅了してきた◆甲子園は全国約4000校、15万人超の高校球児のあこがれの舞台である。地方大会で夢破れ、どれほど多くの涙が流れ落ちたことか。高校野球好きで知られるタレント・井森美幸さんが朝日新聞(東京地方版)の“観戦記”で語っていた。「この涙を見ると、何とも言えない気持ちになりますけど、これが高校野球なんですよね」◆涙があるのは試合の勝敗だけでない。例えば、チームが甲子園に行っても出場できない球児がいる。ベンチ入りできる選手はわずか18人。今大会の出場校56校のうち、部員数100人超のチームも20校ある。大勢の3年生が涙をのんでスタンドからの応援に回っているのだ◆入学から約2年半、厳しい練習に耐え、高校野球に青春を捧げる球児たち。それを温かく支えてくれた父母らの涙を子どもたちは生涯忘れない◆1988年の夏、北斗子のチームは県大会1回戦で敗れた。あれからちょうど30年。共に涙を流した同期生9人との親交は今なお続く。皆、髪の毛が薄くなり、腹が出た。だが、友情だけは変わらない。これも高校野球の魅力の一つだろう。(東)

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア