公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p8061

ニュース

2018年8月10日

勝利へ道を開く 参院選選挙区予定候補 私は訴える

高橋みつお 新=兵庫選挙区(定数3) 
人の命守り、経済成長促す

プラント関連の機械を製造する尼崎市の中小企業を訪れ、関係者から話を聞く高橋氏

外務省で17年間、英語やポルトガル語を駆使して、政府首脳による外交の一翼を担ってきました。内戦直後のアンゴラでは日本大使館の立ち上げと地雷除去の実施計画に携わり、アフガニスタンでは病院や学校の整備など、人道復興支援に尽くしてきました。 

人生の原点は阪神・淡路大震災。大学受験を控えた当時、火の手が上がり真っ赤に染まった神戸の空に心を痛め、勉強が手に付かない日が続きました。しかし、市職員だった父が病魔と闘いながら、被災者支援に奔走する姿に奮起。大阪外国語大学に合格することができました。人に尽くす父の生き方は、私の指針になっています。

党「兵庫の未来」プロジェクト事務局長として、県内各地の中小企業や伝統産業、商店街を訪れ、現場の声を聞いています。兵庫には豊かな自然や歴史に加え、ものづくりの技術や人材が集積しています。それらを生かし経済成長を促すとともに、命を守る防災・減災対策に全力で挑む決意です。

【略歴】元外交官。党国際局次長。大阪外大在学中に外務省試験に合格し中退。兵庫県出身。41歳。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア