公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p8004

ニュース

2018年8月9日

石垣島の農業振興へ

6次産業化の課題聞く 
谷合副大臣

伊盛代表取締役(左端)から話を聞く(右へ)谷合副大臣、石垣、三盛、タイラの各氏ら=8日 沖縄・石垣市

谷合正明農林水産副大臣(公明党)は8日、沖縄県石垣市にある6次産業化に取り組む農業生産法人・有限会社伊盛牧場(伊盛米俊代表取締役)を視察した。公明党の大石行英、タイラ秀之(市議選予定候補)の両市議と石垣たつや・党県離島振興副委員長(同)、三盛かつみ竹富町議(町議選予定候補)が同行した。

伊盛牧場では酪農だけでなく、加工販売所「ミルミル本舗」を経営。規格外で出荷できない果実を利用してジェラートなどを加工・販売している。伊盛代表取締役は「加工部門で人手が不足しており、設備投資にも大きな資金がかかる」と6次産業化の課題を語った。

谷合副大臣は、課題を整理しながら、国の支援のあり方を検討したいとして、「連携を取りながらやっていきたい」と述べた。

また谷合副大臣は7日、同市内の牧場などを視察するとともに、畜産関係者らと意見交換を行った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア