公明党トップ / ニュース / p79676

ニュース

2020年4月17日

コラム「北斗七星」

公明新聞の新型コロナウイルスに関する報道は「分かりやすい」と喜ばれている。14日から本紙電子版の独自コンテンツに、これまで掲載された新型コロナに関する記事をまとめた特設ページが開設され好評だ◆新型コロナは、未知の部分が多く、不安だけが先行しがち。その不安につけ込んだ怪しい情報が拡散したりしている。このような時に大事なのが、正しい知識と情報だろう◆特設ページでは、「『正しく恐れる』ために確かな情報に触れよう/国際感染症センター長・大曲貴夫氏に聞く」や、「新型コロナウイルスに打ち勝つには/専門家会議副座長・尾身茂氏に聞く」といった、感染対策の第一線で尽力する専門家の呼びかけが掲載されている◆感染拡大が私たちの生活に及ぼす影響も深刻だ。ここには「新型コロナ そこが知りたい!」シリーズも掲載。「家賃を払えない場合は」といった経済的問題から、「家族が発熱などの場合は」など身近な問題についての疑問を知ることができる◆かつてない危機に見舞われている業種も多い。こうした人たちには、売上げが半減した中小企業を支援する最大200万円の給付金など、経済対策についての解説記事も載っている。新型コロナ特設ページには現場第一主義の公明党の働きが浮き彫りになっている。(正)

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア