公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p7874

ニュース

2018年8月8日

新エネルギー社会を構築

山口代表 若松氏の会合で強調

あいさつする山口代表(右)と若松氏=7日 都内

公明党の山口那津男代表は7日夕、都内で開かれた若松かねしげ参院議員(参院選予定候補=比例区)の著書「北日本新エネ社会構想―福島から北日本へ―」の出版記念祝賀会に出席し、あいさつした。

山口代表は、東日本大震災からの復興へ新産業創出の重要性を強調。その上で、「福島イノベーション・コースト構想を立ち上げたのが若松さんだ。北海道・東北地方の北日本に水素など新エネルギー社会をつくる構想に一層の協力をお願いしたい」と力説した。

若松氏は「新エネ社会の実現へ法制定に全力で取り組む」と決意を述べた。

祝賀会では、日本公認会計士協会の関根愛子会長、石井啓一国土交通相(公明党)らがあいさつした。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア