公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p7774

ニュース

2018年8月7日

核廃絶 叫び続ける

山口代表 広島・被団協追悼式で訴え

広島県被団協の追悼式であいさつする山口代表(左から2人目)ら=6日 広島市

公明党の山口那津男代表は6日、広島市内で開かれた広島県原爆被害者団体協議会(県被団協=坪井直理事長)の「原爆死没者追悼慰霊式」に出席し、あいさつした。

斉藤鉄夫幹事長代行、谷合正明、山本ひろし(参院選予定候補=比例区)の両参院議員が同行した。

山口代表は「原爆の犠牲となられた方々のみ霊に哀悼の意をささげるとともに、今なお後遺症に苦しむ被爆者の皆さまに心からお見舞いを申し上げます」と述べた。

また、「わが国は唯一の被爆国であればこそ、核廃絶の主張、叫びを続けていかなければならない。被爆者の皆さまにおかれては、どうかご長生いただき、被爆体験を後世にお伝えください」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア