公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p7338

ニュース

2018年8月1日

コンビニにAED

16店舗で24時間利用可能 
千葉・印西市

コンビニのオーナーと懇談する橋本市議(右)

千葉県印西市はこのほど、24時間営業のコンビニエンスストア16店舗に自動体外式除細動器(AED)を配備した。

同市は公共施設内などにAEDを設置していたが、休日や夜間は施錠されるため、24時間使用できる体制が求められていた。

設置されたセブンイレブン印西高花団地前店の藤池良一オーナーは「いざという時に役に立てれば」と語る。

市健康増進課の川嶋将行副主幹によれば「今後、他社のコンビニにもAED配備を検討していきたい」という。

公明党の橋本和治市議は2015年9月と17年12月の定例会で、AEDを24時間利用できる環境整備を訴えていた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア