公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p7336

ニュース

2018年8月1日

非構造部材を耐震化

公共施設 照明器具や天井を補強 
福岡・大野城市

市総合体育館の非構造部材の耐震化工事を視察する大野城市議会公明党のメンバー(左側4人)

福岡県大野城市では現在、公共施設の照明器具や天井、窓ガラスといった非構造部材の耐震化が進んでいる。学校の耐震化などを訴えてきた市議会公明党はこのほど、市の総合体育館を訪れ、耐震補強工事の様子を視察した。

同市では、すでに市内の小中学校と公民館で非構造部材の耐震化工事が終了。未改修の2カ所のコミュニティセンターも、今年度中に工事を終える予定となっている。

視察の中で一行は、総合体育館内の軽量天井への改修工事や、飛散防止フィルムが張られた窓などを見て回った。

公共施設の非構造部材の耐震化については、市議会公明党が積極的に推進。2012年6月議会でも、井上正則議員が、「地域住民の命を守るためにも速やかに取り組むべき」と、市に早期実施を求めていた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア