公明党トップ / ニュース / p71981

ニュース

2020年4月9日

コラム「北斗七星」

同じ札幌市内にある実家に、「しばらく顔は出さない」と電話をしてから2カ月弱。高齢者は重症化のリスクが高いといわれる中、「万が一にも持ち込んだら……」と足を運ぶのもはばかられる。「今できる親孝行」と思うほかない◆新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、改正新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が、7都府県を対象に発令された。安倍晋三首相は、「自分は感染者かもしれないとの意識を持って行動を」と呼び掛けた◆全国でも、いち早く“爆発的な拡大”が懸念された北海道。去る2月28日には、自主的に緊急事態を宣言して道民に外出自粛などを要請した。3月中旬のピーク時には80人を超えた入院患者数も、ここ2週間ほどはおおむね40人台で推移。医療崩壊の危機は、ひとまず回避できたといえよう◆とはいえ、この人数がいまだ下降線をたどっていないのも事実。新年度を迎え、入学や就職、転勤などで人が大きく動いていることなどを考えれば、全く予断を許さない状況であることに変わりはない◆今回の緊急事態宣言も、強制力は極めて限定的。この先、およそ2週間で一定の結果が目に見えてくる。一人一人が「かからない、うつさない」との自覚と思いやりを強く持ち、責任ある行動に徹していきたい。(武)

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア