公明党トップ / ニュース / p68032

ニュース

2020年4月4日

介護施設での感染防止

救急隊員の防護なども
参院本会議で熊野氏が訴え

質問する熊野氏=3日 参院本会議場

参院は3日の本会議で特別措置法に基づく新型コロナウイルス感染症の政府対策本部設置と、東京五輪・パラリンピックの1年延期について質疑を行い、公明党から熊野正士氏が質問に立った。

熊野氏は、愛知県や兵庫県の介護施設でクラスター(感染者の集団)が発生し、高齢者が亡くなっていることに言及。現場で不足するマスクの再利用なども含めた感染拡大防止対策を整理し、「介護施設に分かりやすく周知すべきだ」と訴えた。

安倍晋三首相は、重症化リスクの高い高齢者施設での予防策徹底が重要とし、「現場の施設職員にも話を聞き、分かりやすい周知方法を工夫する」と答えた。

熊野氏は、感染が疑われる患者への救急車出動要請が増加する可能性を指摘。救急隊員の防護など搬送現場における感染防止と通常の搬送体制の維持を求めた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア