公明党トップ / ニュース / p68023

ニュース

2020年4月4日

新型コロナ 国、都 連携し態勢強く

重症者病床の確保を優先せよ
山口代表が強調

党参院議員総会であいさつする山口代表=3日 国会内

公明党の山口那津男代表は3日午前、国会内で開かれた党参院議員総会であいさつし、新型コロナウイルスの感染者が東京都内で急増している現状に触れ、「“医療崩壊”を招かない態勢を早く整える必要がある。国と東京都、区市町村がそれぞれ連携し、態勢を整えることが大事だ」と強調した。

その上で、具体的な対策として、都立病院や国立病院、大学病院など多くの医療機関が統合的に運用され、「今ある医療資源を最大限、有効に生かして、感染拡大を防ぎ、終息に近づける努力が必要だ」と力説。また、感染者の急増で病床が不足する事態を踏まえ、重症になりかけた人や重症者に病床を優先的に振り分けるとともに、軽症者の療養では、営業が停止したり、稼働率が大幅に低下しているホテルの補償をした上で活用することを一刻も早く確立しなければならないと強調した。

一方、この日の参院議員総会に布マスクを着用して臨んだ山口代表は、1日に安倍晋三首相が全世帯に布マスクを配ると発表したことについて、「布マスクのいいところは、きちんと洗って清潔にしていれば何回でも使えるところだ。マスクが入手しにくい状況の中で、確実に国民に届いて役立ててほしい」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア